LE・MANS展示室


ここでは、主にCカーなど、ル・マン24時間耐久レースに出場するようなマシンを展示しております。ただ、画像をクリックしても(押しても)大きな画像は出てきません。すみません。

下にあるマシンほど、新しいマシンです。

Fairy LM01

初めてル・マン系のマシンを作り上げました。試作タイプなのか、結構不恰好です。でも早ければいいんです。

Fairy LM02

新たに作り上げたル・マン形のマシン。空力的に煮詰めたのですが。どうも地面とこすれてコントロールがしにくくなってしまって・・・・・・・・・・・。

Fairy LM03

LM02の反省を活かし、新たに作り上げたマシン。反省して運転性能のことも考えて製作したマシン。そのため、運転性能も向上した。しかし、課題はまだ残っている(詳しくは特ダネ日記をご覧下さい)。

ホルスタイン号

ラジコンマガジンに投稿するべく、製作したマシン。モデルはミル姉さん。ただ、フィギュアをミル姉さんに出来なかったのが残念。

Fairy LM04

“夜空”をテーマにして製作したマシン。

形状は、今年ル・マンに出走していたマシンをヒントに製作しました(マシンの名前は知りませんが)。

TOYOTA TS020 “TEAM Fairy”仕様

現在唯一のレース用のマシン。本来ならレッドを塗るところをメタリックグリーンを塗ってみました。ただ、ところどころ塗装に失敗しているのが玉にキズである。

ちなみにフィギュアも乗せています(写真じゃわからないけど)。

大きい画像はこちらをクリックして(押して)ください。

TOYOTA TS020 “TEAM Fairy”仕様 2代目

フロント部分を大破させてしまった初代のマシン(特ダネ日記参照)に代わり手に入れた2代目のマシン。塗装には初代の反省を生かし、初代よりかは少なくなっています。ただ、これといった変更点はあまりありません。あえて言うならば、リアウィングにラジコンマガジンのステッカーを貼っている程度です(この写真では分かりませんが・・・・・・)。

ただ、走行させる際には、ボディの補強を充分させるつもりです。

アウディR8R

今年、ドイツのラウジッツリンクで事故死してしまったミケーレ・アルボレート選手(イタリア)の追悼をこめて製作したマシン。

完成したマシンを改めて見ると、どことなくミニ四駆を連想させる・・・・・・・・・(・_・)?  今回は、ボディの補強を充分に行った。

大きい画像はこちらをクリックして(押して)ください。

Fairy LM05

久しぶりに製作したマシン。

今回は、Kiss−FMの新ステッカーを拡大・縮小などで製作したステッカーをマシンのあちこちに貼りつけました。ただ、使用したのがフォトプリント紙だったのが失敗でした。

アウディR8R “X−BOX”仕様

前回のアウディR8Rが老朽化に伴い、今回制作することにしました。

名前の通り、マシンは次世代ゲーム機“X−BOX”をモチーフにしました。ちょっと塗装に失敗しましたが、かなり出来はいいです。スポンサーロゴステッカーを貼るのがもったいないぐらいです。

ラジコンマガジン6月号のボディワークショップに採用されました

Fairy LM06

かなり久しぶりにル・マン系のボディを製作しました。

最初は、もっと違うカラーリングにしてみようと思っていましたが、結局いいものが見つからず、白だけになってしまいました。

リアウィングが取れやすくなってしまっています。ただ、今後その点を改善していこうと思っています。


ファクトリー展示室へ

Produced by TEAM Fairy